高校生が取り組む「SDGs×地域の課題解決」

キャリアチャレンジ総合研究所が目指す〜高校生が取り組む「SDGs×地域の課題解決」〜

一般社団法人キャリアチャレンジ総合研究所

高校生が取り組む
「SDGs×地域の課題解決」

「持続可能な社会の創り手」の育成

一般社団法人キャリアチャレンジ総合研究所では、「持続可能な社会の創り手」の育成を目指しています。埼玉県内の高校生が「川」をテーマに地域の課題に取り組むこの活動を「リバガク」と名づけました。
埼玉県は「川の国」と呼ばれています。地域に流れる川の課題を専門家と一緒に考え、解決する力をつけていきます。

川をテーマに学ぶ「リバガク」とは

高校生が取り組む「SDGs×地域の課題解決」テーマは【川】
一般社団法人キャリアチャレンジ総合研究所主催「リバガク」は、埼玉県内の高校生が「川」をテーマに地域の課題に取り組む活動です。
こちらの取り組みは、令和3年度 埼玉県立秩父高等学校からスタートしました。令和4年度も秩父高校にて全5回の講義を予定しています。

埼玉県立秩父高校での取り組み(令和3年度)

令和3年度は、3回のカリキュラムで開催しました。

コロナ禍だったため、第2回、第3回はオンラインで繋がりながら進めました。
活発な意見交換が行われ、専門家の私たちもとても刺激を受けました。

令和4年度の取り組み

令和4年度は専門家と一緒に下記のカリキュラムで進んでいきます。

①問題解決の理論
②課題の設定
③市場調査
④整理・分析
⑤まとめ・表現

令和4年度 専門家

一般社団法人キャリアチャレンジ総合研究所 代表理事
株式会社コミュニティネット 代表取締役
今井 房子
一般社団法人キャリアチャレンジ総合研究所 理事
日本女子大学 児童学科 教授
吉澤 一弥
一般社団法人キャリアチャレンジ総合研究所 理事
株式会社コト・ラボ 代表取締役
森屋 律子
株式会社ナレッジステーション 代表取締役
伊藤 誠一郎
協 力
埼玉県立秩父高等学校
埼玉県環境部水環境課
埼玉県教育局生涯学習推進課

自分らしいキャリアをデザインするために

未知なるものに挑戦する勇気をもつ!自発的に学ぶ気持ちを!

ご挨拶

一般社団法人キャリアチャレンジ総合研究所 代表理事の今井房子です。この活動では、高校生が「川」をテーマに「SDGs×地域の課題解決」に取り組む活動です。専門家と一緒に自ら学ぶ力、課題を解決していく力をつけていきます。この事業にご協力いただける企業様がいらっしゃいましたら、下記フォームよりご連絡ください。
今後もこの活動を広めていきたいと思います。ご連絡、お待ちしております。